保育士ママの子育てブログ。

~毎日を楽しめる 素敵なママでいたいな~

ホワイトニング リフトケアジェル

スキンケア

美白成分「ハイドロキノン」について。


IMG_6853
アンプルールには「新安定型ハイドロキノン」が配合されています。

シミが気になりだしてよく聞くようになった美白成分「ハイドロキノン」。

強力な美白成分であることは間違いないようなのですが
どのような成分なのか?
副作用はないのか?
気になったのでいろいろ調べてみました!

 

【ハイドロキノンとは?】

ハイドロキノンは、シミの原因であるメラニン色素を作らせない漂白剤のような働きをするため、「究極の美白成分」と呼ばれています。
さらに、過剰に増加してしまったメラニン色素を薄くする働きもあります。

従来の美白成分と比べて、美白効果は約10~100倍強力で、医療でも用いられるもっとも強力な美白成分です。
レーザーより日数はかかりますが、痛みもなく、シミやニキビ跡などの色素沈着を薄くできます。

その高い美白効果の反面、酸素や光に対して不安定であること等の理由により、日本では医師の処方箋が必要でしたが、
2001年の化粧品規制緩和によって、市販の化粧品への配合が可能になりました。

 

【新安定型ハイドロキノンとは?】

この従来のハイドロキノンと、それを安定させる物質BCDACを合成させてできたのが「新安定型ハイドロキノン」。
美白効果を保ちつつ、従来のハイドロキノンより酸化しにくくなって湿度や熱などにも耐性ができ、肌にも刺激感なく使えるように改良されたとのこと。
アンプルールは世界で初めて、この画期的成分を化粧品に配合したそうです。

 

【副作用は?】

以前、化粧品で「白斑」が出来たというニュースが取りざたされたので
ハイドロキノンを使うと白斑ができると思っている人が多いですが、
白く色抜けするのは「ハイドロキノンモノベンジル」です。
(ハイドロキノンモノベンジルは毒性が強く、化粧品の配合が禁止されています)

ハイドロキノンとハイドロキノンモノベンジルは別物で、
5%程度までのハイドロキノンでは白斑は報告されていないので心配ありません。

副作用はなくて安心したのですが、注意点が一つ。

美白ケアをするなら紫外線対策が必須ですが
ハイドロキノン使用中も、強い紫外線を浴びると色素沈着を起こす場合があるそうなので
より念入りにUVケアをした方が良さそう。
せっかく白い肌を手に入れたとしても、また紫外線を浴びれば逆戻りですもんね^^;

 

ということで、
ハイドロキノンについての何となくの不安が解消されてよかったぁ〜^^
これからも美白化粧品を上手に取り入れて
手遅れにならないよう!本気のシミ対策を続けていこうと思います(`・ω・)b!

 

アンプルール トライアルセットはこちら




ランキングに参加しています♪
応援クリックしていただけると嬉しいです(*^^*)






【私のお気に入り♪】

日焼けした肌に。肌のトーンが明るくなった! ⇒ 続きを読む

最近お気に入りの美容液クレンジング♡ ⇒ 続きを読む

リラックスタイム&ダイエットにも♪ ⇒ 続きを読む

-スキンケア
-, ,